★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【マイルチャンピオンシップ2017】レース回顧  1/2 デムーロ騎手の神騎乗が冴えた! 元馬術選手のコラム【競馬】

マイルチャンピオンシップ2017のレース回顧をしていきます。1/2 Byアラシ



ペルシアンナイト 1着

これはもう人馬一体となった好レース・好騎乗だったね。デムーロ騎手も見事だったし、それに応えた馬も見事だった。

大外枠からどういう競馬を・・・?と思ったけど、デムーロ騎手は序盤はポジション争いに加わらず後方に下げた。これで内を確保した上に、体力を温存できたのは今回に関しては大きい。前が空きにくくなるリスクもあったと思うけど、思い切ったね。大外から下げての内側確保は、大胆なジョッキーだったら重賞でもやる事はある。

今の京都は内が結構荒れてきており、外に各馬が殺到する傾向にある。このため、インを突いても実は内から捌き易いという状況下には確かにある。そこまでデムーロ騎手が計算して騎乗したのだとしたら、正に神騎乗だ。

ここまでの他馬は序盤のポジション争いと、コーナーでの外行き意識でロスを被って、ペルシアンナイトよりは消耗していた。この状態で直線の追い比べとなれば、実力の高いペルシアンナイトが消耗している他馬に遅れるワケが無かったと言う事だろう。

正直、エアスピネルが1テンポ以上早くアクセルを踏んでいて、最後は若干追い遅れ気味だったけど、これで確り競り負かしてくれるんだから、最後の最後は馬の頑張りが勝利をもぎ取った感じだね。

人馬ともに非常に上手く行った競馬だったと思う。

今回は外に他馬が殺到して、そのゴチャつきに乗じた部分もあるから、評価は高いものの少し割引した方が良いかも。




エアスピネル 2着

好位置から4角もロスなく回って、直線も入った時点で前が捌けていた。さすが世界のライアン・ムーア騎手というか、一番ソツのない競馬をしたと思う。ってか、ほぼ勝ちパターンの騎乗だったけど、今年の秋華賞よろしくもう一頭更に上手い競馬をしていた人馬がいた、と言う話だと思う。

直線、ペルシアンナイトよりも早めにアクセルを踏めたのはどう考えたってセオリー的には有利だし、レーヌミノル(4着)の手応えを考えたら、あのタイミングで追い出したのは完璧だったと思う。結果論として後ワンテンポ仕掛けを遅らせていれば・・・というのはあるけど、レースが終わってからそれを言っても仕方ないし、それが最適かどうかはリアルタイムでは誰にも分かり得ない事。

負けはしたけど、ペルシアンナイトのあの競馬、あの騎乗をされたら堪らないよ。

今回は相手が見事だったと言う事だと思うし、やはりこの馬もマイルでのG1なら狙える存在だと言うのが再確認できたよ。




イスラボニータ  5着

最後まで伸びている強い競馬をした。道中の運びが上手く回らなかった印象だね。

道中、序盤はエアスピネルの近くにいたんだけど、そこから追走せずに下げたのが裏目に出た。そのままついて行かせるを掛かる恐れがあると判断して手控えたのかも。それで前に置いたのが最下位に沈んだジョーストリクトリだからねぇ・・・。

4角でジョーストリクトリが早々にバテてしまい、この馬の外を通るハメになりロスを被ったのが響いた。その間、内でロス無く回ったエアスピネルやペルシアンナイトはどんどん行けていたからね。4角でジョーストリクトリの内に進路を取れれば・・・とも思うけど、遠心力の利いているコーナーではそれも難しいのかな。

直線も、サングレーザーが張り出して来た影響を受けたウインガニオンに前へ入られてしまい、追い遅れる所があった。

まともに追い出してからは、脚勢も十分力強いし、ゴールまで確り伸びれている。実力はやはり本物だよ。

スタートから直線半ばまで、何かと貰ってしまったレースになった。それでこれだけの着まで来られるんだから、やはり強いよ。まだまだ現役を続行して欲しいな。




同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)




コメント

  1. 背番号5 より:

    (土)メインのストロングタイタン2着は終いがタルい馬で大外枠スタートから直線入口ではイン寄りの真ん中から抜けるコース取りはコーナー4回とワンターンと違えどもマイルCSを意識していたと思いませんか?
    ボクはあのレースを見てマイルCSの三連単はペルシアンナイト1着から流しましたが6枠2頭を嫌って三列目までにしてしまい馬券は外しましたけどね(笑笑)

  2. りりな より:

    アラシさん。
    ペルシアンナイト応援し続けて良かったです。
    また機会があればペルシアンナイトの馬としての見解お願いします。