★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【マイルチャンピオンシップ2017】レース回顧  2/2 レッドファルクス他注目各馬 元馬術選手のコラム【競馬】

マイルチャンピオンシップ2017のレース回顧をしていきます。2/2 Byアラシ



クルーガー 7着

4角で勝負に出てしまい、イスラボニータの外をマクって行ったのがマズかった。前を走っていたイスラボニータの能力を知っているJRA所属のジョッキーだったら、ここはイスラの後ろを付いていこうと待つとは思うんだけど、短期免許騎手の弊害が出たかな。

結果大外をブン回すハメになり距離ロス+体力を消耗、直線、当然大して弾けずに敗北。

あの競馬で7着ならよく頑張ったんじゃないかな。重賞なら普通に通用すると思うよ。今ひとつ良い騎乗とは思えなかったな。




レッドファルクス 8着

エアスピネルを見ながらロス無く回れたけど、まったく弾けなかった。距離が影響していた可能性もあるだろうけど、道中の追走がそもそも追っ付け放しでシンドそうにしており、距離以前にコンディションが微妙だったのだと思う。

4角で各馬がペースアップする所でも結構な追いっぷりで脚を消耗していた感じで、いつものレッドファルクスらしい走りが出来ていなかったよ。

整えて再度、と言う事じゃないかな。運びからして出来ていなかったので、距離云々以前に何かあったんだと思う。




サトノアラジン  12着

この馬もペルシアンナイト同様にポジションを確保するために、序盤は出していかず最後方に。ただ、ペルシアンナイトと違って狙ったのは大外だけどね。

いつも言っている通り、跳びが大きくパワーがあるので、変に内をロス無く回ろうとしても馬の気分を悪くする恐れがある。だから、余計な事は一切考えずに大外を通るのがこの馬の場合は良いんだ。

最後は展開に恵まれず、とんでもない大外を通るハメになったけど、それはツキが向いていなかった部分もあるし、大味な競馬をしたの事はこの馬にとって悪い騎乗とは思わない。

もう少し内に各馬が張り付くような展開だと、違った結果になると思うんだけどね。

今日はかなりの大外を通らされてしまった事もあり、直線半ばで止まってしまった。




同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)




コメント

  1. 節穴 より:

    騎手を分かった上でクルーガーを軸にしましたが、全く溜息しか出ない。
    恐らく一番長い距離を走って0.3差なら馬の能力評価は間違っていなかったと思いたいです(笑)