★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【ジャパンカップ2017】最終追い切り所見  3/3 レイデオロ・マカヒキ等 元馬術選手のコラム【競馬】

ブームタイム、マカヒキ、ヤマカツエース、ラストインパクト、レイデオロ、レインボーライン、ワンアンドオンリー

ジャパンカップ2017最終追い切りについて所見を述べていきます。3/3 byアラシ



ブームタイム (オーストラリア)

東京 芝 良  火曜日  単 強め

8F114.7 7F98.0 6F82.3 5F67.3 4F52.3 3F37.3 1F11.6

メルボルンカップ15着。メルボルンCは頭数、距離等、色々と特殊だからなんともいえないけど、惨敗しているのはそりゃ良くないよね。

この馬は他の外国馬と違い、普通に追い切った。脚の運びなりの時計は出ている様に思うし、手前を何度も替えている事を除けば悪い所はないと思うよ。耳をちょこちょこ動かしていたのはイキートスの所でも述べたけど、この程度なら本番までにこなして貰える範囲内だと思う。

マカヒキ

栗東 坂路 良 水曜日 単 馬なり 

4F51.3 3F37.8  2F25.2 1F12.9

天皇賞秋5着。府中2000m外枠ゆえに後方待機の競馬を強いられたけど、直線は2番上がりタイの38.6秒で伸びて5着。まだまだ輝きは衰えていないよ。折り合いはつくし2400mも守備範囲内。

追い切りは遅めの他馬がいない時間にやっていた。「この馬でどうして?」とは思うな。理由は分からない。ただ、全く追う事の無い完全な馬なりで4F51.3秒を計時しているし、何よりも他馬の追い切り後でボコボコになっている馬場でこの時計を出したのは素晴らしい。一週前にCW5F64.5秒ー1F11.5秒(但し内を回ったので速くなってはいる)と攻めも足りており、仕上げに余念は全く無い。

ここで復活をアピールする走りを見せて欲しい。



ヤマカツエース

栗東 CW 良  水曜日  併せ 強め

6F80.6 5F65.6 4F51.0 3F37.8 1F11.5

天皇賞秋11着。道中やや推し気味に促されて走っていたし、馬場を嫌ったかなと言う印象は強い。坂でパッタリ止まって後退したトコとかを見てもそう思う。掛かっているレースは基本的に見た事がないし2400mは普通にこなせる。先手を取ってしかも直線もキレ脚を繰り出せるから結構評価が高いんだよね。

追い切りは毎回動く馬だけど、直線入ってから追われてグングン伸びた。抑えていた時にちょっと行く気が勝っていた所が気になったくらいかな。

ラストインパクト

栗東 CW 良  水曜日  併せ 一杯

5F64.0 4F49.5 3F37.6 1F12.4

京都大賞典6着。逃げの手を打ってきた。パワーがあって折り合いも難しい馬だし、変に抑えない方が良いのかも。久しぶりにまともな着順だったし、戦法を変えてJCを戦うのも良いのかもしれないね。折り合いをギリギリつけて、一気に追えば伸びる馬だったんだけど、今や折り合いが難しくなりすぎて抑えが利かないからね。

追い切りはムチを入れて一杯に追っても伸びずに1F12.4秒もかかってしまい、良くは見えない。映像の始点に当たるコーナリングの所では既に掛かっていたし、呼吸が乱れての調教だったのかもしれないね。

そんなに注目されている馬でもないし、切りで良いと思うな。

レイデオロ

美浦 南W 良  水曜日  併せ 馬なり

4F54.1 3F40.1 1F13.1

神戸新聞杯1着。スタートから速くスムーズに先手を取り、流れに上手く乗れた。直線もムチ2発であっさり突き抜けて快勝。ソラを使った気配も全くと言って良い程感じなかったし、さすがダービー馬と言ったところ。

古馬との闘いはどうかという意見もあったけどアルゼンチン共和国杯をダービーをで破ったスワーヴリチャードが勝った事により、通用する事は間接的とは言え証明されている。

追い切りの時計は概ね17秒ー13.5秒ー13.5秒ー13秒と言うような狙ったラップを刻んでいるし、思惑通りの調教だったんだろう。掛かりもせず良く我慢して併入していて悪くないと思う。追われてすぐに反応しているのは良いね。前走時よりもちょっと頭の位置が高くなっているのが気になるくらいかな。



レインボーライン

栗東 坂路 良 水曜日 単 馬なり 

4F56.9 3F41.5  2F26.9 1F12.9

天皇賞秋3着。内の中団でちょっとハミを噛みながら進めて、4角ではキタサン、サトノクラウンとほぼ同じ位置。直線だけ馬場の良い外めに出して懸命に追ったけど、上位2頭がいくら何でも強すぎた。一番上手な競馬をしたのはこの馬と岩田騎手だと思う。

去年までは折り合いが万全な馬だったけど、最近は結構噛んで進む所がある2400mは多分問題ないと思うけど、どうなるか。

追い切りは毎回の事だけど、浅見厩舎なので水曜は時計を出さない。頭が高くなるのはいつもの事で、レースではちゃんと走れているから気にしない。良し悪しを感じられる負荷ではないから何ともいえないけど、いつもと特段違う所は無かったと思うよ。

ワンアンドオンリー

栗東 坂路 やや重 水曜日 単 馬なり 

4F56.7  3F40.5  2F26.1 1F13.0

天皇賞秋17着。走りにくたびれている馬にあの不良馬場はしんどかったかも。良馬場なら前進はあるかも。重賞の出走奨励金支給がある10着まではよく入るし、賞金をしこたま持っているので好きなレースに出れる。だから衰えながらも奨励金稼ぎのために現役を続けているんじゃないかな。相当、馬主孝行な馬ではあるから・・・。

追い切りは馬なりとは言え、単純に時計が遅い。もう体を動かせていない感じだし、さすがに限界が近いかな。一桁着順に来られれば大健闘じゃないかな。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)