★★★★超重要なお知らせ★★★★ アクセス過多でエラーが頻発する状況を鑑みて、ブログを別個新設しました。今後は、新 元馬術選手のコラムにて発信を行ってまいりますので、宜しくお願いします!!

【ジャパンカップ2017】レース回顧 1/2 シュヴァルグラン、キタサンブラック敗因分析等 着順上位馬 元馬術選手のコラム【競馬】

ジャパンカップ2017のレース回顧をしていきます。1/2 Byアラシ




シュヴァルグラン 1着

最内をロスなく運べてタメた脚を直線一気にぶっ放した。折り合いが申し分なくつく馬なので、こういう消耗を最大限に抑えるコース取りになる競馬は実力を発揮するのに持って来いだね。

ヒュー・ボウマン騎手がスタート時点から左にムチを持っていたのが、結構大きく直線の進路取りで訳にたった。これならムチを使用しながら馬を外に誘導できるからね。もし右にムチを持っていたらここまでスムーズには出れていないよ。

枠の利を活かして最内に張り付きながら、持ち前の折り合いの良さを発揮し、直線もボウマン騎手の左ムチでスムーズに捌けた。馬の実力・ジョッキーの判断・運、全てが噛み合った最高の競馬が出来たんじゃないかな。

有馬記念、相手も手強い事に変わりはないだろうけど、好走を期待。折り合いつくから崩れはしないと思うよ。




レイデオロ 2着

珍しくそれなりに行きたい気配を出していた。序盤、ギニョール・シュヴァルグランと進路が勝ち合った時に手綱を引いたのがまずかったのかも。この馬は口を縛っているから手綱引くとハミを噛んで来る可能性は確かに高いね。とどめに1角でソウルスターリングに斜行食らってしまった。それでもそこまで折り合いを欠かなかったのだから、逆に凄いとも思う。

出方を見るとやはり好位は取りたかったんだろう。

道中、ヒートアップして暴走という所には全然行っていないし、最後の伸びにあんまり影響はなかったか、あったとしてもほんの少しじゃないかな。ルメール騎手が背中を後傾させながら抑えてはいたけど、馬の気持ちがそこまで昂ぶっているようにまでは見えなかったな。

コーナーで外に進路を取りに行ったのが勝ち馬との差と言った所で、序盤で好位をシュヴァルグランに持っていかれて序盤下げたのがここで響いた。若干出負け気味だったのが勝負を分けたとまで言えちゃうかも知れないな。

まぁ、4角~直線の馬群の状況を見ると、レイデオロの位置からすると、外に出すのは妥当と言った所。直線、内では唯一ソウルスターリングの内が一応開いていたけど、あそこに人気馬突っ込ませられないでしょ。

スタートの出負けが、痛い遅れになった感じ。能力そのものは高いのはよーく分かった。古馬の一線級とも十分勝負できるね。

秋2戦しかしていないんだから、有馬記念には是非出てきて欲しいね。この馬はさらに楽しみになったよ。




キタサンブラック 3着

スタート直後からアッサリと先頭を取って、手綱もブラブラの状態で折り合って運んでいた。「これは行ける!」と思う絶好の運びはしていた。後ろも、多分勝負所でタレそうなディサイファ、ギニョール、ワンアンドオンリーが続いていたからこの辺も援護材料だと思ったな。

ペースが何とも言えない感じだけど、1:00.2の1000mならそんなに速いと言う事でもないハズ。そうなんだけど、直線、いつもと違ったのはムチへの反応が今ひとつだった事。250m位の所でムチが一発入ったけど、ここで脚勢が盛り返せず加速が微妙だった。これが違う。いつもは最後まで叩いてもその都度ストライドを伸ばして頑張ってくれるんだけど・・・。

ペースが若干速くて消耗したのが直線で出たのか、コンディションがもう一つだったのか・・・。

いずれにせよ4着以下は引き離しているし、強い内容であった事には変わりはない。

有馬記念でのラストランに向けて、立て直しを期待。

同情するならクリックを! ブログ応援ボタンをクリックして応援をお願いします!人´∀`)人´∀`)人´∀`)